MQTTとは?

MQTTとは、インターネットにつながるあらゆる"モノ"が、互いにデータを共有したり、デバイスを遠隔で操作したりできるように作られた、非常に軽量なプロトコルです。本機を用いれば、Micro:Bitを用いてMQTTを体験できます。

IMG_2358.JPG
cloud_server_25516-300x300.jpg

ブローカー

IMG_2358.JPG

パブリッシャー

サブスクライバー

MQTTは、上記のようにパブリッシャーとサブスクライバー、ブローカーの3つからなっています。ブローカーはweb上に存在しているため、ブローカーを介して、遠くはなれた2つのMicro:Bitでセンサーの値などを共有できます。

手順 パブリッシャー側

まずはいつものように、wi-fiに接続します。

AMBIENT接続.jpg

wi-fiに接続できたら、MQTTサーバーアドレスを指定のブロックを入れます。MQTTはフリーのブローカーサーバーがあるのでそれを指定します。ここでは、test.mosquitto.orgと入力します。

mqtt接続.jpg

ずっとの中は右のようにプログラミングします。1秒ごとに温度データをブローカーに対してパブリッシュします。

PUB.jpg

手順 サブスクライバー側

サブスクライバー側も、wi-fiに接続します。

AMBIENT接続.jpg

​接続が完了すれば$が返ってきます。そしたら同じくMQTTサーバーアドレスを指定して、先ほどパブリッシュしたときと同じトピックを指定して、サブスクライブしましょう。

​サブスクライブが成功すれば、#が返ってきます。パブリッシュされた温度データを読み取り、表示します。

mqttsub.jpg