Ambientとは?

Ambientとは、IoTデータ可視化ツールです。マイコンで測定したデータなどを、Web上でグラフなどにして、わかりやすく確認できます。

まずは以下のページからAmbientにユーザー登録してください。

チャネルを作成して下さい

チャネル.jpg
id.jpg

チャネルを作成した状態です。

micro:bitの開発環境に移動します。Kagabit_IoT用のブロックはあらかじめ読み込んでおいて下さい。

まずは、右のようにプログラムを組みましょう。

SSIDとPASSは環境に合わせて設定してください。

​”接続”という変数を用意して、初期値を0とします。

AMBIENT接続.jpg

​次に右のようにプログラミングします。

WI-FIに接続されると、本基板から$が返ってくるので、

​その時に、”接続”を1にします。また、接続されたことがすぐわかるように、Micro:bitの全面に何か表示すると分かりやすいです。

​また、この際に、先に登録しておいたAmbientのチャネルIDとライトキーを設定しておきます。

接続OK.jpg

ずっとの中は、右のようにプログラミングします。チャート番号1に対して、温度を送信しています。データの中は、温度以外にもさまざまな測定値を送信できます。

A送信.jpg

プログラムを書き込んで実行しましょう。登録したAmbientのチャネルを開くと、測定したで温度データがグラフ化されているのがわかります。これで、Micro:BitがIoT機器になりました。

GRAF.jpg